キャンベラ滞在記

オーストラリアのキャンベラで過ごす1年間の備忘録です。

お出かけ⑭ ~Lanyon Homestead~

こんばんは。

最近落ち着きなく動き回っているため、若干更新がおろそかになっておりました。

家事もおろそかに・・・(多分まだ大丈夫)

ゴンも負けずに動き回っております。

つかまり立ちなるものにも目覚めかけております。

ゴンの封印が説かれる日も近そうです。

 

ズゴゴゴゴゴーーーーォォォー

 

はい、観光レポート祭り行きます!(溜まりかけてきてヒーヒー)

Lanyon Homestead

おすすめ度 ★★★☆☆

楽しさ   ★★★☆☆

リピート度 ★★☆☆☆

満足度   ★★★★☆

 

www.historicplaces.com.au

Cooma からの帰り道、

せっかくキャンベラの南から帰るなら、普段行かなそうなところ寄ってみない?

そんな感じで、グーグルマップで偶然見つけたこちらに観光してきました。

 

何の施設かも良く分かっていない状況で到着。

ふむふむ、意外に雰囲気のいい場所じゃないか。

 

f:id:hintaro:20171008191457j:plain

落ち着いた環境の中にひっそりとたたずむ。

そんな感じのお家。

わたしに今一番必要なものですね、オチツキ。

ちなみにこの日はかなりの曇天。

晴れてたらまた雰囲気も違うだろうけど、曇りは曇りで味が出ていていい感じ。

f:id:hintaro:20171008191552j:plain

入場料、大人$7/人

 

施設内は写真NGだったのが残念。

ここからは私の脳内フォトを、文章化していきます!

 

ズゴゴゴゴゴーーーーォォォー

 

…ふぅ。ちょっとハードルが高いな。

ということでネットで落ちていた写真を借りてきました。

 

こちらの施設は、一言でいえば【昔のお家】です。

時は1800年代前半。

オーストラリアができるかなり前に、

イギリスから送り込まれたとある家族のお屋敷のようです。 

f:id:hintaro:20171016194035p:plain

こんな感じで、天蓋付きの高いベッドのお部屋だったり、応接室だったり、お風呂場だったり、

映画に出てきそうな昔の西洋のお家を実際に歩いて見て回ることができます。

 

木造の廊下を歩くたびにきしむ音。

落ち着いた色使いの家具達。

まるで誰かがついこの間まで生活していたかのように手入れされており、

優しい時間が流れる、なんだか心地いい空間になっておりました。

 

なぜか、ばーちゃんちの近くの古ーい児童館を思い出したひんたろうなのであります。

 

館内に充満するろうそくのにおいが、

より一層いい雰囲気を引き立たせていました。

 

f:id:hintaro:20171008191652j:plain

倉庫や馬小屋等の離れもすぐ外に。

f:id:hintaro:20171008191742j:plain

これはキッチン。

キッチンって外にあるもんなんだ。

(ギリギリ外からとることに成功!)

中も見て回りましたが、

魔女の宅急便のキキが住んでそうな部屋を発見。

く~写真に撮りたかった。

 

f:id:hintaro:20171008191842j:plain

カフェも併設されており、かなりの絶景!

ちょっと丘?になっているところにあるせいか、自然を一望できそうでした。

”山のカフェ”と命名できそうな絶景。

今回は時間がなく利用出来なかったのですが、どなたか訪れることがあればぜひ感想をお願いします。

 

以上、今回はコアな観光地(と思われる)の報告を終わります。

今日はちょっと真面目になってしましました。

いやー、素が出ちゃったなー

Teething Rusks  ~歯固めラスク~

こんばんは。

ゴンが完璧なるハイハイをマスターし、

家中どこへでも付いてくるようになりました。

 

ペタペタペタ、と常に後ろから気配を感じます。

 

ひぃぃ、トイレはやめてぇぇ

 

成長を感じさせてくれるゴンですが、もちろん歯も生えてきました。 

(余談ですが、生えてきている歯がでかいです!)

 

そこで本日は、

歯固め用のおやつ Teething Rusks (ティーシングラスク)についてレポートしたいと思います。

 

 

f:id:hintaro:20171008183355j:plain

じゃじゃーん。

こんな感じの、一見ラスクに見えないような感じのパッケージで売っています。

私の周りのママ友も何人か使っているようなので、こっちでは割とメジャーなのかな?

 

どこで買えるかって?

私の庭でもある、スーパーで普通に売ってます!(これはwoolworthsにて)

値段は…すっかり忘れたので今度調べてきます。

結構お手頃価格だったなー

調べてから記事にしろよって思った人、大変申し訳ございません。

 

f:id:hintaro:20171008183436j:plain

2×6袋、12本も入ってます。

固さは、割るのも一苦労するくらいカチカチ。

表面はさらさらしていて、多少落としただけでは、ほこりやごみも付きにくそう。

みっちり中身が詰まっている感じで、

バリバリというよりは、かじっているうちにねちょねちょになってくるような食感?

です。

試食したところ、

素朴な味、とかそんな表現はちょっと難しいくらいおいしくはないです。

the無味。

 

f:id:hintaro:20171008183606j:plain

ゴンに初めてあげたときはあまり興味を示しませんでしたが、

食べ物だよーっていうのを認識させてみたところ、30分ほど集中してくれました!

一心不乱にガリガリガリ。

 

いやー、家事がはかどるはかどる!!

 

と思ったところ、

こんな状況になってました。

 

 

f:id:hintaro:20171008183715j:plain

ねちょねちょになった食べかすが一面に!

顔、体と服も食べかすだらけww

残ったラスクはベトベトw

 

掃除機でも吸えないし、つまむのも難しいし、掃除が大変。

結局家事が増えました。

 

この現象にさえ気を付ければ、結構いい代物だと思います。

 

ただ、おいしくないことを認識したのか、ガリガリすることに飽きたのかはわかりませんが、最近興味を示してくれなくなりました。

 

あげても、ぽいっと。確か3本目で発症。

うーん、これも成長かな。

 

歯が生えてきたお子さんをお持ちのあなた!

是非おためしあれ!

 

以上、本日は擬音語多めでお送りいたしました。

ねちょねちょ~

お菓子レポ⑤ ~フィンガー再来~

①Cadbury fingers 

f:id:hintaro:20170823211020j:plain

チョコレート部門、No.1更新! 暫定一位★

珍しく夫氏の「これ美味しい」が出ました。

こちら2箱目です。

クッキーが気持ちしっとり目で、食べた感じが日本のガルボに似ています。

(見た目は全然違うけど)

写真はミルクチョコレートですが、ホワイトチョコレートもあります。

どちらも22本入りでした。箱の大きさの割にあまり入ってないのが残念ですが、

すごくおいしいです。我が家の現在の一押し!

 

②Lamington

f:id:hintaro:20170823211114j:plain

オーストラリアの伝統的なお菓子のようです。

クリームを挟んだスポンジケーキをチョコでコーティングして、その上にココナッツをまぶしたものです。

激甘!とどこかの情報誌で見たのですが、そんなこともなく。

激甘に慣れすぎてしまったせいでしょうか。

どこかずば抜けてひねりを効かせているわけでもなく、

ココナッツの食感を楽しめる割と保守的な美味しいケーキでした。

コーヒーとよく合います!

 

③Caramello Koala 

f:id:hintaro:20170826074021j:plain

こちらも、オージー女子のおすすめ。

コアラ食べちゃいます!

オーストラリアっぽいお菓子ですね~、見た目も味も。

コアラの形をしたチョコの中に、ねっと~りとしたキャラメルが入っているチョコレートとなります。

キャラメルは、チョコを割ると滴り落ちてきそうな柔らかさです。

マラソン等の非常に疲れる運動をした後など、

”キャラメルすすりたいぜ~”といったレベルに、猛烈に甘いものを欲した時によさそうです・・・。

かなり甘いので、(頻繁に)一気に食べるとコアラじゃなくなりますよ。ぶひっ

 

④RITZ CHEESE ($1 セール)

f:id:hintaro:20170926071423j:plain

日本にないタイプのリッツ。

なんだか甘いようなしょっぱいような、どちらかというとしょっぱいかな?

中途半端な感じです。

クラッカー自体は、割と薄め。

食感はサクッとしてる感じです。でもパリっではない。

悪くはないけど、すべてが中途半端であまり好みではなかったです。。。

 

⑤SMITH'S Thinly Cut  ($2位 セール)

f:id:hintaro:20170926071500j:plain

またもやレジ前の売り出し中ゾーンより。

さすが王道ポテチ。失敗しませんでしたぁぁ!

日本であまりポテチ食べない派なのであまりポテチに詳しくありませんが、

日本でよく食べるタイプの普通のやつ、美味しいやつです!(どんなやつだ)

サワークリーム味ウマー

量も175gとオージーサイズ。

このシリーズはハズレはないと見た!

ご安心ください。

 

⑥Kettle sweet chilli&sour cream 

f:id:hintaro:20171002155152j:plain

日本に絶対ない味見つけました。(正確には貰った)

スイートチリとサワークリーム混ぜちゃった!

けど、どちらの味もあまり主張してない気がします。

味自体は適度にソルティーなんですが、どちらの味も薄い・・・?

スイートチリもサワークリームも両方好きな私としてはちょっと物足りない!

ポテチ自体の味は美味しいので、

せっかくフレーバーなのにちょっと残念と思わせてくれる一品でありました。

 

⑦JATZ 

f:id:hintaro:20171004194510j:plain

シンプルなクラッカー!

頂き物なのですが、

このシリーズは有名みたいで、よく売り出ししているのを見ます。

オーブンで焼いてあるので、油っぽさが少なくパリッっとボリッとといけます。

素朴な味で、噛んでいるうちにほのかに甘みを感じる程度なので、

何か乗せたりつけたりするのも良いですね。

個人的には、クラッカーの王道のリッツ(シンプルなやつ)よりも、

食べ応えがあり油っぽくないので好きです。

ありのーままのーシンプルな味でも十分に楽しめます。

 

 

★近況報告★

ゴン様の3回食が軌道に乗ってきました。

他の子たちに比べて食欲はまだまだ少ないですが。

もう、粉ミルクは卒業しました!

パイ+離乳食のみ。

 

うーん、粉ミルク大量に抱えて渡豪したころが懐かしい・・・。

月日が経つのはものすごく早いです。

 

そして私はと言えば、

なんか体重と見た目がヤバ目になって来ました。

 

鏡に映ったァ~あなたにビビる!

ってな感じです。

情けないようでたくましくもあります。

心を鬼にしてお菓子購入頻度を抑えております!!

 

次回更新は、先になることを願います。

 

おでかけ⑬ ~Cooma~

金曜の夜に思い立ち、近場で土日のドライブ小旅行をしてきました。

 

Cooma 

visitcooma.com.au

行きやすさ ★★★★★

観光度   ★★☆☆☆

自然    ★★★★☆

 

シドニー方面は何度か繰り出したし、海には前回行ったし、

遠くに行くにはあまりにも直前すぎるし…

南行ってみようか!

 

そんな感じで、google map とにらめっこして決めました。

「なんか知らない町行ってみたい」

そんなかるーい気持ちで、下調べほぼ無し。

 

キャンベラから南へ下ること約90分。

途中、町らしき町はほぼなく、牧場と山ののどかな景色の中を走りました。

眠くなりそうな道だったため、ひたすら4文字しりとり!

Cooma到着

広い公園が町の中心にあり、小さなショッピングセンター(coles,target有)もありました。コンパクトで静かな町!

気が利かないので写真を忘れました。

土日は休みの店が多かった印象。

カフェはざっと散歩したところ、2件くらいは開いていました。

 

 

f:id:hintaro:20171008190725j:plain

モーテルに宿泊したのですが、馬、ヤギ、犬、猫、ニワトリを飼っていました。

気さくなオーナーのおばちゃんが馬を見せてくれ、ふれあいタイムを楽しむ。

色々と馬の云々についてもご教授いただきました!!

 

予定では有名な山のほうまで繰り出すつもりでしたが、

寄り道したりと色々もたもたしていて断念。

みなさん、旅行は計画的に!

 

f:id:hintaro:20171008190025j:plain

夕飯ついでに、展望台からcooma周辺を一望。

絶景でしたが、風がビュービューで寒かった!

車で登っている最中、サファリパーク並みにカンガルー達に遭遇し興奮する我々。

車を停めて降りてみると、こちらを警戒しながら一斉に逃げていきました・・・

ペブリービーチのルーさん達とは大違い。

 

特にすることもなく、景色を眺めた後はホテルでのんびりしました。

 

※気温について※

Cooma寒し!

ホテルに着いたときに、ヒーターの説明をされました。

夜になって納得。

寒いと噂のキャンベラなんかよりももっと寒い!

初夏だというのに。

日中の暖かさはどこへやら。

さすが、スノーウィーマウンテンの近く!

街にはウインタースポーツのお店がちらほらありました。

皆さま、もし夏場に行くことがあっても、気持ち暖かめの服装で。

 

翌日

 

山の方まで足を延ばしてみることに。

車で30分ほど走った所で、小さな町に出くわす。

 

f:id:hintaro:20171008185007j:plain

ビチビチ

 

…こんなところで、魚???

 

f:id:hintaro:20171008185529j:plain

人気のない街で、このベーカリーだけはかなり賑わっていました。

 

f:id:hintaro:20171012194822j:plain

なるほど、パンがふっかふかでかなり美味しかったです。

食パン買って帰ればよかった。

 

結局予定変更し、少しドライブをした後キャンベラへと引き返すことに。

(後ほどUPするlanyon homesteadに立ち寄る)

 

 

こんな感じで、気ままにぶらりCooma旅行を楽しみました。

特に何もない小さな町でしたが、

非日常を満喫するには十分すぎるほど落ち着いた優しい田舎町でした。

 

ウインタースポーツの季節は、また印象が違いそうです。

 

f:id:hintaro:20171008191355j:plain

勝手に牛と記念撮影。

 

 

 

おでかけ⑫ ~Deep Space Communication Complex~

ワレワレハ・・・ニホンジンデアル。

 

宇宙と交信してきました!

 

 

Canberra Deep Space Communication Complex

キャンベラディープスペースコミュニケーションコンプレックス

Canberra Deep Space Communication Complex - NASA's Deep Space Network

おすすめ ★★★★☆

楽しさ  ★★★☆☆

感動   ★★★★★

景色   ★★★★★

入場料無料!

 

ネットでキャンベラの観光を調べていて、

すごく評価が高いので行ってみました。

 

ディープとかついちゃってるよ?名前からして二流な感じなんじゃない?

なーんて思ってすみませんでした!!

良く調べたら、NASA関係の施設らしい。失敬失敬

 

そしてこちら、期待を裏切ってくれ、

行ってよかった!と思わせてくれるスポットとなっております。

 

自宅から南に走ること45分ほどのところに位置します。シティからは30分くらい?

 

 

途中のCotter Dam 周辺の川沿いでランチピクニック的なことをしたのですが、

この場所がまたすごく良い。(また行くので別記事にて)

是非皆さん!宇宙との交信の前に、こちらでピクニックを!

 

Cotter Damから走ること20分程。

f:id:hintaro:20171002155712j:plain

敷地敷地内(多分)に入ってからもしばらく道が続きます。

そしてこの景色が素敵!

ハイウェイから見る自然とはまた別の、

山の中を走っているような、牧場を突っ切っているような、大自然!を体感できます。

 

でっかい岩がドーンとあったり、たっかーい気がにょーーんと突き出ていたり、

市内からほんの数十分で見られる綺麗な自然。もちろん羊も大量!

この施設に行く過程もすごくお勧めです。

 

f:id:hintaro:20171002155923j:plain

しばらく走ると、この施設の見どころの一つと言っても過言ではない、

それはそれは巨大なパラボラアンテナが出現します。確か3つくらい。

 

いやー

写真じゃ伝わらないんですけどね。ほんとでかすぎるんですよ。

 

大自然~~~のなかに突如として現れる物凄い巨大な人工建造物。

ギャップがそのでかさを一段と際立たせます!

 

f:id:hintaro:20171002155752j:plain

いざ、館内へ。(パラボラちらり)

 

f:id:hintaro:20171002155828j:plain

数々の資料のほか、月面探査機や人工衛星等の模型、月の石(モノホン)、宇宙服風写真撮影(顔だけくりぬかれてるやつ)なんかがありました。

 

宇宙に興味ない人にとっても、なんだかんだ「おぉー」とか「へぇー」といった感じで気軽に見れると思います。と、興味ない人代表ことワタシが申します。

 

宇宙に割と興味がある人は結構楽しめるんじゃないかな?

と、宇宙にまーまー興味がある夫氏が言っておりました。

 

館内はあまり広くはありませんが、カフェも併設されております。

その名も 「Moon Rock Cafe」 イカスーゥ

そのカフェからのパラボラアンテナを眺めるのが乙です。

彼ら、ちょっとずつちょっとずつ動いてるんですよー

 

目を凝らすと、

パラボラアンテナの上のマイクロ波なんかも見えてきたり・・・

 

しません。

 

f:id:hintaro:20171002160149j:plain

マイクロ波がぁぁーーー視界をぉぉぉーーー

ではなく、

網戸のせいでなんかモザイクみたいになってしまいましたが、

子供が遊べる遊具もあります。

 

 

さほどディープではなかったですが、

キャンベラにこんな面白い施設があったなんで驚きです。

 

f:id:hintaro:20171002160214j:plain

帰宅時、車を止めて羊鑑賞も。

 

宇宙云々の前に、

景色がすごく良い場所なので、友人や家族が訪れてきたときには連れて行きたい場所の一つになりました。むりょーだしね☆

 

さほどディープでなかったのもまた気軽な感じでGood!

 

 

以上、本日はマイクロ波に乗せてお送りいたしました。

 

f:id:hintaro:20171004210607j:plain

ワレワ、ゴンサマデアル!

離乳食⑤ ~ウィートビックス Wheat Biscuits~

前回の離乳食レポで紹介したオーツより簡単で、

すごく衝撃的な食べ物について本日は。

 

ウィートビックスというものなのですが、

私はこっちに来てから初めて知りました。

どのスーパーでも売っていて、かなりメジャーな食べ物です。

オーストラリア以外で売っているのかな?

 

なんと表現していいのやら。

簡単に言うと、コーンフレークを浸してドロドロになった状態のやつ。

って感じの食べ物です。

 

f:id:hintaro:20170907200721j:plain

箱はビッグサイズ。

ハーフサイズもありますが、値段が全然変わらないので大きいのを買ってみました。

(大きくても値段変わらない、はいこれオージーマジック)

 

f:id:hintaro:20170907200833j:plain

調理前はこんな感じです。

これが箱にきれいにみっちり詰まってます。

まるでおがくずですよね?(失礼)

 

うーん、実家のハムスター君は元気だろうか。。。

ちなみにゴールデンハムスターです。

 

これを牛乳や豆乳等のミルクっぽいものに浸すのがメジャーな食べ方のようです。

そのままガブリと行く人は…いないんじゃないかな。

かなーりパサパサで味も大してしないので、

よっぽどの何かこだわりがある人以外はそのまま食べることはしないと思います。(超、個人的見解)

 

f:id:hintaro:20170907201052j:plain

浸して少し待つとこんな感じです。

もっと放置すると、もっとドロドロになってきます。

 

この上に、砂糖やはちみつやバナナ等のアレンジを加えて食べるのを、

オージーは好むみたいです。

 

・お椀に入れる

・液体を注ぐ

・ちょっと待つ

→完成!

 

という手軽さ!

レンチンすら不要。

 

持ち運びがしやすいので、旅行の時にも重宝しています。

 

これを、ゴン様の朝食にローテーションで取り入れています。

フルーツときな粉をトッピングするのがブーム。

 

ちなみに私、

コーンフレークは硬いまま。

ふやける前に急いでぼりぼり食べるのが好き派!

ですので、このウィートビックスはちょっと好きになれない一品です。

 

 

ゴンは結構好んで食べているので、お勧めです。

 

おでかけ⑪ ~Tulip Top Gardens~

f:id:hintaro:20171001142152j:plain

お花見第二弾、こっちでーす」

 

Tulip Top Gardens

おすすめ度:★★★★☆

くつろぎ度:★★★★★

リピート度:★★★☆☆

混雑度  :★★★☆☆

雰囲気  :★★★★★

滞在時間 90分

tuliptopgardens.com.au

f:id:hintaro:20171001142232j:plain

自宅から車で20分。場所はキャンベラを脱出してNSW!

大人$16 /人 子供free

フローリアードが無料だった分、反動が大きいです!笑

 

が、その価値はあります。(後述)

12:00着。入り口は長蛇の列!!人気を物語っている…!?

 そこまで待たずに入場出来たのでご安心を。

f:id:hintaro:20171001142317j:plain

入場すると、すぐに桜のアーチがお出迎え。

い、癒される。和の心!

チューリップのことを完全に忘れはしゃぐ。

(旦那氏は、蜂がいるーと、小っちゃい蜂に対してビビりはしゃぐ。)

 

だって見てこの桜。

つぼみが濃いピンクなのに、開花すると淡いピンクですごくかわいいでしょ?

なーんて乙女みたいな事言ってみます、ウフフ。

 

桜のアーチを抜けると、濃厚なお花の香りがむわーーんと漂ってきます。

そして、すぐにチューリップ達にご対面!!

f:id:hintaro:20171001142506j:plain

チューリップをメインに、区画ごとに綺麗に整備されたお花たち。

色合いや配置に気を使っている印象。

先日のフローリアードよりも迫力はありませんが、

一区画ごとが繊細で丁寧な印象です。

f:id:hintaro:20171001142112j:plain

チューリップ達には、種類ごとに名前の札がついています。

こんなに種類あるの!?ってくらいたくさんの違う名前が・・・。

うーん、深いぜチューリップ。

あーかーしーろーきいろでーどの花見てもきれいだなー、じゃ済まされませんな!

 

花壇以外の場所には、芝生が生い茂っており、

ベンチやテーブルもふんだんに用意されております。

思う存分くつろいで行ってくれ!という精神が感じ取れます。

 

我々も園内で昼食を。

f:id:hintaro:20171001142623j:plain

「いや~犬を見ながら食べる食パンは最高だぜ」無 表 情

 

f:id:hintaro:20171001154259j:plain

あまりにも見つめすぎて、念が伝わったのか。

ゴンをダシにして国際交流。ちゃっかりパンケーキまでも頂く。

ちなみにこのワンちゃんの名前は”sock” (16歳、お婆ちゃん)

四本ある中の、右前足だけ白くて靴下履いているみたいだからソック。

うーん!ソックスじゃない、センスあるぅ!

そして、そのソックの前足を移さなかったカメラマンセンス無いぃ!

久々の「オージーはとってもフレンドリー」

長生きしてちょーだいよ、ソック!

 

f:id:hintaro:20171001142713j:plain

入場券には、フリーソーセージ券が付きます。

f:id:hintaro:20171001142750j:plain

その他のメニューも一応誰かの役に立つやもしれんので載せときまっせー。

 

 

淡い柔らかい色のお花ゾーンもあって結構ここも好き。

f:id:hintaro:20171001142903j:plain

園内は割と混んでおりましたが、人々がせわしなく動いている感じはなく、

ゆったりとした時間を楽しめました。

みんな寝そべったり座っておしゃべりしたり、思い思いにくつろいでおり、

気づけば我々も1時間半も滞在。癒されたー

犬連れの人が多かった印象も。

 

芝生等ゆったりできる場所が多いので、

フローリアードよりくつろぎを求めてくる方が多いのかな?

 

花を愛でるのも良いわね。と感じたそこの初心者さん!

チューリップトップは、

キャンベラからすこーしだけ離れていて、入場料もかかるので、

まずはフローリアードデビュゥーをしてみましょう!

それでもって花もイイわね!と感じたら、

次のステップでこちらに訪れるのがいいかもしれません☆

 

1:30頃、園内を出るころには入場口はガラガラでした。

混雑を避けたい方は、フローリアード同様午後がお勧めです。

 

 

以上、特設:花を愛でる会会長がお送りいたしました。